会社設立時の費用

Pocket

ここでは、会社設立時の手続きを税理士に依頼した場合の費用について、ご説明します。まず、会社設立の手順をご説明します。1会社概要や印鑑等の作成2定款の作成、定款認証手続き3登記書類の作成4登記5銀行口座開設、税務署等への必要書類の届け出、となります。これらの作業を一人で行う事も出来ますが、専門知識を要する為、個人の能力では大変難しいです。税理士に手続きを依頼した場合、費用として、定款認証手数料5万2千円、登録免許税15万円、税理士手数料3万円から5万円、合計23万2千円から25万2千円が発生ます。その他に、登記手続きに関しては司法書士に行ってもらいますので、司法書士手数料として3万円から5万円がかかります。自分で会社設立する場合は、この他に定款認証印紙代4万円がかかる場合があります。定款認証はデータでの認証が可能であり、税理士に依頼した場合はデータでの手続きとなるので費用が発生しません。個人の場合、データでの認証となると専用のソフトが必要となり、手間やコストがかかる為ほとんどの人は印紙代の4万円がかかります。一般的に、個人で行う事はあまりありません。

税理士に依頼した場合と個人で行う場合、個人の方が安く済みますが、さほど変わりはありません。時間が節約出来、手間も省けるので税理士にお願いした方が賢明でしょう。