税理士の仕事

Pocket

税理士は納税の専門家であり、個人、法人の税に関わるサポートを行います。税にも様々な種類があり、税の法律は非常に複雑である為、税を納める場合、税理士の助けを借りる人も多くいます。また、企業内で活躍する税理士も多くいます。ここでは、税理の仕事についてご説明します。

税理士のみ許される業務、3つの独占業務についてご説明します。1つ目は、税務代理です。税務署に税金の申告や申請、不服申し立ての代行、税務署の立ち合いの事を言います。また、税務調査の際に、納税者に同行し、納税者の代行で説明や主張をします。2つ目に、税務書類の作成です。こちらも納税者に代わり、税務署に提出する各種申告書、申請書、請求書、不服申し立て等の書類を作成します。3つ目に、納税相談です。確定申告の際の税金の過払い、不明点、その他の税に関する様々な相談に対応します。年に1度の確定申告は、自営業者、年金受給者がその年の収入や経費を算出して、税務署に申告します。収入や経費の算出、書類作成には専門的な知識が必要となる為、自分で全てを行うのは非常に難しい事です。その場合、税理士が納税者の代行をして、納税申告を行います。その他にも、社会労務士、司法書士、弁護士等と連携して企業のサポートを行ったり、税務、会計に関する業務に留まらず、経営コンサルティングとして企業経営のサポートもしています。更には、会社設立時の手続きを代行する業務まで行います。では、会社設立の手続きを税理士に依頼した場合について、ご説明します。