税理士に頼むメリット

Pocket

会社設立の際、または設立後に税務を税理士に依頼した場合、どのようなメリットがあるのか挙げてみます。まず、先にも述べたようにスムーズに会社設立が行えると言う点です。会社設立時には、必要書類の作成、登記申請等を行わなければなりません。これらは決して容易な事ではなく、専門知識がなければ手続きを進める事は出来ません。また、設立後は会計、税務業務から解放される上に、手続きの漏れや間違いを防げる、適切に処理出来る、という点です。本業が忙しくなった時や本業に集中したい時、税務に関する知識を勉強しながらというのは、とても大変です。税務業務を税理士に委託すれば、税務の心配をする事無く安心して本業に集中する事が出来ます。尚且つ迅速に、的確に行ってもらえます。次に、会計処理、決算、確定申告等こちらも専門知識を要します。税理士にお任せすれば何も心配はありません。そして、起業後も経営サポートを受けることが出来るという点です。設立時から同じ税理士にサポートを受けていればその後も相談しやすくなります。経営、税務に関する様々な問題で悩んだ時、トラブルに遭遇した時、相談出来る専門家がいる事はとでも心強い事です。

このように、会社設立、運営していくにあたり税理士のサポートを受ける事で、税務業務が迅速、的確、簡素化され事業主とって多くのメリットが生まれます。

TOPIC
会社設立支援・代行や税務顧問の無料相談なら税理士法人アディーレ会計事務所

会社設立時の費用

Pocket

ここでは、会社設立時の手続きを税理士に依頼した場合の費用について、ご説明します。まず、会社設立の手順をご説明します。1会社概要や印鑑等の作成2定款の作成、定款認証手続き3登記書類の作成4登記5銀行口座開設、税務署等への必要書類の届け出、となります。これらの作業を一人で行う事も出来ますが、専門知識を要する為、個人の能力では大変難しいです。税理士に手続きを依頼した場合、費用として、定款認証手数料5万2千円、登録免許税15万円、税理士手数料3万円から5万円、合計23万2千円から25万2千円が発生ます。その他に、登記手続きに関しては司法書士に行ってもらいますので、司法書士手数料として3万円から5万円がかかります。自分で会社設立する場合は、この他に定款認証印紙代4万円がかかる場合があります。定款認証はデータでの認証が可能であり、税理士に依頼した場合はデータでの手続きとなるので費用が発生しません。個人の場合、データでの認証となると専用のソフトが必要となり、手間やコストがかかる為ほとんどの人は印紙代の4万円がかかります。一般的に、個人で行う事はあまりありません。

税理士に依頼した場合と個人で行う場合、個人の方が安く済みますが、さほど変わりはありません。時間が節約出来、手間も省けるので税理士にお願いした方が賢明でしょう。

税理士の仕事

Pocket

税理士は納税の専門家であり、個人、法人の税に関わるサポートを行います。税にも様々な種類があり、税の法律は非常に複雑である為、税を納める場合、税理士の助けを借りる人も多くいます。また、企業内で活躍する税理士も多くいます。ここでは、税理の仕事についてご説明します。

税理士のみ許される業務、3つの独占業務についてご説明します。1つ目は、税務代理です。税務署に税金の申告や申請、不服申し立ての代行、税務署の立ち合いの事を言います。また、税務調査の際に、納税者に同行し、納税者の代行で説明や主張をします。2つ目に、税務書類の作成です。こちらも納税者に代わり、税務署に提出する各種申告書、申請書、請求書、不服申し立て等の書類を作成します。3つ目に、納税相談です。確定申告の際の税金の過払い、不明点、その他の税に関する様々な相談に対応します。年に1度の確定申告は、自営業者、年金受給者がその年の収入や経費を算出して、税務署に申告します。収入や経費の算出、書類作成には専門的な知識が必要となる為、自分で全てを行うのは非常に難しい事です。その場合、税理士が納税者の代行をして、納税申告を行います。その他にも、社会労務士、司法書士、弁護士等と連携して企業のサポートを行ったり、税務、会計に関する業務に留まらず、経営コンサルティングとして企業経営のサポートもしています。更には、会社設立時の手続きを代行する業務まで行います。では、会社設立の手続きを税理士に依頼した場合について、ご説明します。